50歳からのダイエットブログ by あさひ

あさひのよもやま日記

身も心も健やかに〜食事日記を中心に日々のあれこれ綴ります。ダイエット、躁うつ病、断酒、夫・ワンズと4人暮らしの専業主婦

【躁うつ病】私の近況報告〜うつ状態

5月17日から更新していない私のブログ。

それなのに毎日100から200のアクセスがあります。週末になると300から400になる時もあり不思議です。こうして覗いてくださるあなたがいるからです。ありがとうございます。

なぜ更新していないかと言うと、タイトル通りここしばらくうつ状態だからです。

私はうつ状態になると、気力がなくなり思考能力が著しく低下し感情も鈍化し言語化することが全くできなくなります。何を話したらいいのかわからないので基本黙っています。

身体もだるく家事も最低限しかできないし、今は犬たちの世話でいっぱいいっぱいです。犬友に会うのもしんどくて、いつもの散歩コースとは別のコースにしています。いままで普通に話せた人ともコミニケーションを取ることが難しくなります。顔に表情がなく能面みたいな顔つきです。自分でも自覚があります。鏡を見るのが嫌です。コーディネートを考えるのも面倒で毎日同じような服を着ています。

5月末からパートを始めたのですが、続かずやめてしまいました。通勤自体がストレスで電車の中で倒れてしまったり、週に2日か3日なのに1日6時間働くのが体力的に無理でした。せっかく面接で合格して久々に働けることになったのに、前向きに考えられず体の不調があちこちに出てきて休みがちになり退職しました。新しい仕事を覚えたり人間関係を築いたりと働くことってホント大変ですね。生活を支えてくれている夫には感謝しかありません。40代前半までは外資系で営業職から管理職になりバリバリ働いてました。そんな自分を全く思い出せません。自分への過信があるのでしょう。実際には続けられなかった自分が情けなくて自己嫌悪です。

正直今年から始めた義母との生活もストレスです。介護に燃えてた時期は良かったんですが、私の手を離れた途端義母が鬱陶しい存在になりました。特に白内障の手術をしてから目がよく見えるようになったのであれこれ言われて本当に参りました。それは義妹に話して改善されたのですが今度は黙って何も言いません。2ヶ月もお風呂に入らないし、エアコンもつけない、熱中症になりますよエアコンつけてくださいとお願いしても無言な義母。私も無言になったり時折きつい言葉を浴びせてしまいます。そんな自分も嫌。ケアマネージャーさんの見回りでお嫁さんがいるから大丈夫ですよねって言われました。本当に熱中症になったら私の責任です。今はそれがいちばん嫌。これも義妹に話してエアコンつけてもらうようになりました。やっぱり嫁より娘の言うことは聞くようです。私がうるさく言うよりこれからも義妹から言ってもらう方がいいかもね。

冒頭にも書きましたが私はうつの時ブログの更新が全くできません。今こうして文章を入力しているのは、一睡も寝ずに朝を迎えようとしているからです。テンションが上がって一時的に躁転しています。今は夜中の3時過ぎ。ブログを更新する欲求がむくむくと湧き上がってきました。今までの経験から3~4日全く寝ないか2時間睡眠が続くと頭がキンキンになり躁転します。躁転すると全能感が生まれて私にはできないものはないと行動的になり何事も前向きに考えられ多幸感まんさい気分はとても良いのですが、一方で散財したり多弁過ぎて攻撃的になったりと夫にいつも迷惑をかけます。だからいまは躁転するのが怖いです。躁うつ病は「低め安定」が良いと言われています。いまは大うつ。誰にも会いたくないし、ずっとベッドで横になっていたいです。

うつになるとよく眠れないといいますが、私の場合過眠になるので、昼も夜も寝ています。だから3種類飲んでいる睡眠薬を減らしたいです。眠れるのにたくさんの睡眠薬を飲むのはおかしいですよね。今月から徐々に断薬していますが離脱症状がひどくて、具合がとても悪いです。発汗、動悸、めまい、口の渇き、呼吸が苦しく立っていられない横になってもしんどくて、昨日は救急車を呼びたいくらいでした。 断薬しようとしていた薬を飲んでことなきを得ました。薬ってすごく身体に負荷がかかります。

心身ともに絶不調。

こうしてブログを更新できた事が久しぶりの喜びです。後から読み返したときに自分の状況を知ることが助けになります。

それでは今日はこの辺で。

よろしかったら過去記事も読んでくださると嬉しいです。

絶好調な私!躁状態のなせるワザ - あさひのよもやま日記

ナイアシンフラッシュで入院。 - あさひのよもやま日記

躁うつ病のうつに効く薬、ラミクタール - あさひのよもやま日記

【躁鬱病】躁状態が続いています。ラミクタール、リスパダールを増量 - あさひのよもやま日記

あさひ