50歳からのダイエットブログ by あさひ

50歳からのダイエット日記 by あさひ

65キロから50キロへのダイエット。食事日記を中心に綴ります。愛犬クララの日常も。

私の病気のこと、卵巣のう腫と躁うつ病

あさひです。
 
全記事に少しふれましたが、詳しく記したいと思います。
 
私は双極性障害いわゆる躁うつ病です。
 
正確に診断されたのはフルタイムで働いていた32歳の頃、初めて卵巣のう腫になって開腹手術をした半年後です。ホルモンのバランスがくずれたのでしょう。鬱になりました。
 
それから5年後にまた卵巣のう腫になり手術をしました。
 
そしてまた5年後に卵巣のう腫になりました。
 
3度目の卵巣のう種・・・もう手術はこりごりです。
 
なんで繰り返してできるんですか?と
 
当時住んでいた地域ではわりと有名な女性の産婦人科医に尋ねたら、理由はわかりませんが、体の不純物がたまっていくのだと言われました。
 
それから自分でネットで調べました。
見つけたのが松田麻美子先生の「女性の為のナチュラルハイジーン」。
婦人病の病気は生活習慣や乳製品をはじめとする食生活にあると、目から鱗が落ちる内容ばかりでした。
それからナチュラルハイジーンやローフードの世界を知り、グリーンスムージーをはじめました。
 
ナチュラルハイジーンは19世紀にアメリカの医者たちが立ち上げた健康理論です。
人間は本来健康であると、七つの法則を守れば病気にならない。などなど。
興味のある方は調べてみてください。
 
そしてグリーンスムージーを飲み始めて、5年目に卵巣のう腫が消えました。
細かく粉砕されたグリーンスポンジが体の内部の不純物を取り除いてくれるそうです。
当時72キロあった体重も2年で26キロ減量しました。うれしかったです。
 
 
双極性障害のほうはなかなか難しいです。
 
元気なときはブログが書けます。
元気がなくなると全く書けません。
脳の病気なので、頭が全く働かなくなるんです。
 
うつの時でもブログが書ける人たくさんいますよね、尊敬します。
私はまったくだめです。何もできません。ただ体を横たえているだけです。アウトプットは何もできません。
過眠症になります。昼も夜も寝ています。
 
ですから、ブログを休んでる時はうつ状態なんです。
そして、こうしてブログを毎日更新しているときはそう状態です。 
 
なんとかこの気分の上下を上手く調整することが必要なんです。

この気分障害を平衡させる薬をいまメイン薬として飲んでいます。
 
ここ3~4年前に出た比較的新しい薬で、今アメリカで躁うつ病の治療薬として最も売られている薬です。「エビリファイ」。
日本の大塚製薬が開発しました。社員に特別ボーナスが出る位儲かっているらしいです。
 
ナチュラルハイジーンの考え方では、薬はあくまで対処療法。32歳から10年以上リーマスという躁うつ病の昔からある薬を飲んでいましたが、卵巣のう腫の3度目の発症をきっかけに薬をやめていました。
7年間断薬していました。自然治癒力を信じていました。
 
しかし、薬は飲んでも飲まなくても躁鬱になるのです。ただ振り幅が小さくなります。
 
薬を飲んでいる方が気分的には楽です。
 
気分障害は自分ではどうにもコントロールできない苦しい病気です。どんな病気もそうだと思いますが、精神障害はなかなかそうでない人には理解出来ないと思います。
 
しかし病院に通い、役所に行って障害者手帳を発行してもらい、病気だからと自覚することが助けになります。

「病は気から」とよく言いますが気分障害の場合は、自分が病気であると自覚することで安心します。
 
ひどくなると死にたいと思う病気なんです。鬱になっても躁になっても。

だから私は死にたいと思ったときは、自分はそう思う病気なんだと、だから死んではいけないと自分に強く言い聞かせます。母親や夫がきっと悲しむからです。
 
7年間も断薬したのに薬を再開したのは、エビリファイの効果を期待したかったから。再開してからは、とても落ち着いていられてます。
 
躁の時に上がりすぎないのが鬱にならないポイントなんです。
 
睡眠が躁鬱の鍵をにぎっています。躁状態だと2~3時間で起きてしまうのです。眠れません。
そしてあれこれ考えが生まれてきて落ち着きがなくなり多動になります。約束もいっぱい入れます
そしてあるとき、心身の限界がきてパタリと鬱になります。
 
今は、前記事に書いた3種類の睡眠薬を飲んでいます。6時間半の睡眠を確保できています。
だいたい夜9時に寝て、3時半に目が覚めます。何度か途中起きてしまいますが。
 
いまは、スポーツクラブに通えるくらい元気なんですが、今までの経験上、たいがい3ヶ月で躁状態は終わります。
ですので、このブログも7月半ばには更新が途絶える可能性が高いです。その前かもしれません。
そしたら、長い鬱のトンネルに入ったと思ってください。半年後か1年以内には戻ってきます。
 
これからも病気と付き合いながら生きていきます。
夫と犬との暮らしを大切にしていきたいです。
  
犬を飼ってほんとによかったです。鬱のとき、いやがおうでも散歩に朝晩行きますから。
 
そして、どんな状態でも寄り添ってくれている夫に感謝します。
 
長文読んで下さってありがとうございます。
 
 
  
 
 
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村